津福工業株式会社 公式ホームページ official website :  エネルギー管理-Action(改善)

Home ≫  省エネサポート事業 ≫  エネルギー管理-Action(改善)

エネルギー管理 - Action(改善)

 省エネルギー管理システムの導入などで『見える化』した
エネルギーの消費を計測・診断し、問題改善の為の対策を立てます。
  
具体的な改善方法としては
 1.運用方法の見直しやメンテナンスといったソフトウェアの改善
 2.機材のリニューアル等のハードウェアの改善
などエネサポート事業部は、ソフト・ハード両面からの改善がご提案できます。
  
また、その結果どれぐらいの省エネ効果(コスト削減)やCO2削減をもたらすかを調査・報告します。
例1) 運用の改善 【省エネチューニング】
通常建物は竣工時、試運転調整が行われて引き渡されます。ですがこの時の調整は設計条件による
ピーク負荷を想定したもので設定されています。この設定は人員、OA機器などによる室内発熱など
通常使用している施設内の環境にあわせた(チューニングした)ものではありません。
建物の特性を把握し、エネルギーの『見える化』で設備機器・システムのムダのない運用方法を
再チューニングする必要があるのです。
エネサポート事業部では、お客様の【省エネチューニング】を正確な計測と詳細な分析でサポートします。
例2) 機器のリニューアル 【蛍光灯とLED】
不要な照明エネルギーは、こまめに消灯することでカットできますが、どうしても必要な照明は
蛍光灯やLEDライトに交換します。
照度は同じでも使用電力量が、蛍光灯は白熱灯の約1/4、LEDなら約1/7になります。
またCO2の排出量も大幅に下がるなど、リニューアルの効果大です。
交換の際に掛かるコストと電気料金との比較や、最適機種の選定など
省コストで効果が大きなリニューアルをエネサポート事業部がサポートします。
 

(Action アクション 改善)  効果を分析し、更なる問題改善の為の対策を立てます。
photo_ene_act01

 = 効果分析

 1.適切な運用方法がとられているかを確認します。
 2.更に効率的な施設の改善をご提案します。
 3.エネルギーコストの削減を確認します。



Copyright© 2014 津福工業株式会社 公式ホームページ official website All Rights Reserved.管理